中年おやじのフライ&ルアー

中年おやじの トラウト〝フライ&ルアー〟 青物〝ショアジギ〟 その他〝雑記〟

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魚釣りは命のやりとり C&R 手で触られリリースされた魚のその後は…

FacebookのノートにUPした記事に加筆してブログにUPしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が、まだ釣りを始めた幼い頃は

C&Rと言う言葉も知らず

海や川やフィールドには、沢山の魚が居ました。

田んぼの畔川には、どじょうや鮒やタニシ等多数の小動物が…

夏には蛍が飛び交い風情でした!

それが強い農薬や生活排水が流れ込み

小動物は居なくなり

ヘドロが溜まり

臭い小川へと…

今でこそ環境保護が取り沙汰され

異臭を放っていた小川も綺麗な水が流れ

農薬も改善され

小魚などの小動物も戻って来ていますが

昔からの豊かな自然が残って居るところは、数少なくなってしまいました。

渓流にいた魚は減少して

放流された魚を釣る

解禁して直ぐは釣れるが1週間もすると魚影が見えなくなってしまう

そんな渓流が多くなっていませんか?

漁協が稚魚放流に力を入れても

釣り人が、しっかりとした考えを持っていないと

魚は直ぐに居なくなってしまいます。

かく言う私も、昔の雑誌で読んだ

手を水に冷やして魚を触れば大丈夫!

暴れる魚をおとなしくするには目を塞げば、おとなしくなる!

そんな知識で魚釣りをしていました。

現在、栃木県は塩谷町にある管理釣り場

Nature & Angler 408Club にて管理人をしていますが

手で触られC&Rされた魚の無残な行く末をみていると

魚釣りは、命のやりとりなんだなと痛感されます。

手で触った魚をリリースする方は、元気に泳いで行ったから生きている

そう思っていますが現実は、火傷を負って重傷で逃げて行っています。

火傷を負った魚のその後は…

火傷の程度に拠りますが、殆どが死んで…

暴れる魚の目を手で塞いで針を外された魚は

失明して…

やがて死が…

ジャガー


写真は、私が管理人をしている408Clubにて

比較的、火傷に強いと言われる岩魚系の魚

岩魚とブルックとのF1 ジャガートラウトです。

魚体側面には指の跡が見られ

頭を掴まれた跡が有り

両目が失明して浮いてグルグル周回していたのを捕獲しました。

人間の平均体温は約36度

魚は?水の温度?

人と魚との体温差は?

人の体温36-水の温度(10度前後として)=約26℃

人の体温36+26=62℃

62℃のお風呂に入れますか?

入ったとしたらどうなります?

上記は、手を水で冷やさなかった例ですが

たとえ水で冷やしたとしても感覚では冷えていると思っても

心臓から手を温めようとどんどん血液が送られて行きます。

思っている程、温度が下がっていないのが現実です。

釣った魚を思い出に残したい!

知人に見せて自慢したい!

手で持って写真を撮る

撮った後、魚をリリースする…その後の魚は?

自己顕示欲…

魚をどんどん殺して行けば

魚は居なくなるのは当然ですよね!

私もC&RもするしC&E(eat)もします。

プロフィール写真の本鱒も美味しく頂きました。

願わくば、C&RをするならC&K(kill)に成らない様に

フィールドに長く・多く魚が居ます様に!

いつまでも釣りが楽しめます様に!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、販売されている雑誌にも手で持っている写真が殆どです。

雑誌の場合、スポンサー(広告主)が多数あり

完全なC&Rの仕方などを掲載する事は不可能だと思います。

釣り業界の発展の為、プロアングラーが手で持っている魚の写真も致しかたないと私は思っています。

ただ、それを見た読者が真似をする。

手で触ってリリースされた魚のその後を知らない方に知って頂きたい為に

ここにUPさせて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理釣り場からフライ・ルアーにエントリーされた方は

エリアフィッシングのレギュレーションにて(釣り場に依っては物凄くうるさく言われます)

>゜))彡のリリースの仕方が上手になっていきますが

エリアをやらない方は、あまりリリースには気を使っていないのでは?

と思われる写真がネット上には溢れています。

渓流での>゜))彡のスナップ写真は

★ ネット & >゜))彡

★ 手のひら持ちの >゜))彡

上記のどちらかが多いです。

中流域になると>゜))彡のサイズがあがるので

★ ネット & >゜))彡+ロッド

★ 尻尾の付け根&前ヒレ部の両手持ち+釣った本人

>゜))彡をリリースするので有れば、どちらが>゜))彡にとってダメージが少ないか

いままで素手で>゜))彡に触っていた方はグローブを着用(夏用も有りますよね!)して

グローブを水の温度にすれば>゜))彡へのダメージも水で濡らした素手よりも少なくなります。

意外と気づかないのがネットを濡らさずにランディングされる方!

夏場等は、かなりの熱を持っています。

放流魚の居ない筈の川で尻尾の丸い>゜))彡が釣れた事は有りませんか?

尻尾部を素手で握られ火傷によりヒレが腐りながらも生きながらえた>゜))彡では?



バスプロの方達はバス持ちをした>゜))彡が、どうなるかを本当は知っています。

C&Rの盛んな欧米諸国ではどうなんでしょうか?

ハンドランディングが主流ですよね!?

それって>゜))彡へのダメージは?

フライの雑誌にデシューツ川の記事が有りラバーネットを使用していました。

>゜))彡の保護意識が高まっていると記事に有りましたね!

管理釣り場では当たり前になっているラバーネット

そこから更に>゜))彡へのダメージを少なくリリースするにはどうすれば良いのか?

ダメージを少なくする意識を持って頂ければ

釣り場には元気な>゜))彡達が多く居るのではないでしょうか?



>゜))彡にとっての最悪なダメージとは?

・目が見えなくなる

・顎が外れて捕食出来なくなる

・鰭が腐って泳げなくなる

・内臓(腹を手で触られ火傷)にダメージ


皆さんのリリースは大丈夫ですか?



にほんブログ村・GyoNetBlogランキングに参加中!
あなたのポチッとクリックが、ブログ更新の活力に♪
  ↓   ↓
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ブログにアップ出来ない情報など呟いています♪






スポンサーサイト

| 雑記 | 11:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

記事を読んで、改めて考えさせられました。
この記事を多くの方が読まれるようにと思いますが、ただ一点
気になったことがあります。
魚を釣らせることでお金を稼いでいるわけですよね。失礼な言い方でしたら申し訳ない。
釣らせる側の導き方も改めて認識するべきではないかと。
管理釣り場では、初心者やファミリーが多く訪れる場所。
口うるさく言っては客足にも影響するだろうから、掲示するなど周知させるべきです。
それと、食べればいいと言う様にも聞こえますが、食べればオッケーというわけではないと思います。
管理釣り場事態に猛反対してるエコロジストも沢山います。
魚は人間に食べられるために存在してるだけではなく、大きな生態系のなかの一種です。
管理釣り場で釣られるために養殖された魚ですから、自然渓流のC&Rとは、切り離して考えるべきでもあると思います。
多少、一方的な記事に疑問を持ったので投稿した次第です。

| non-name | 2012/07/09 12:59 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

コメント有難う御座います。
記事をUPしてからかなりの方が訪問されました。
びっくりしています。
記事を読まれた方に手で触った魚をリリースするとどうなるかの意識を持って頂きたく記事をUPしました。

『釣らせる側の導き方も改めて認識するべきではないかと。
管理釣り場では、初心者やファミリーが多く訪れる場所。
口うるさく言っては客足にも影響するだろうから、掲示するなど周知させるべきです。』
> 殆どの管理釣り場では既にレギュレーションに明記されているのではないでしょうか?
408Clubでは〝魚をいたわって下さい〟と明記しています。

『それと、食べればいいと言う様にも聞こえますが、食べればオッケーというわけではないと思います。
管理釣り場事態に猛反対してるエコロジストも沢山います。
魚は人間に食べられるために存在してるだけではなく、大きな生態系のなかの一種です。
管理釣り場で釣られるために養殖された魚ですから、自然渓流のC&Rとは、切り離して考えるべきでもあると思います。』
> 手で触られた魚の例にて管理釣り場の魚の写真をUPしましたが
管理釣り場の魚だけでなく自然渓流や湖などの魚も同様なダメージを受けますので
リリースされるので有れば気を使ってリリースして頂ければ幸いです。

『多少、一方的な記事に疑問を持ったので投稿した次第です。』
> 文章を書くのを生業としていませんので一方的な記事と思われた様ですが
色々な見解が今回の記事に出る様に
曖昧な表記をしています。
皆さんに色々と考えて欲しかったからです。
どんなフィールドでもリリースする魚へのダメージを少しでも少なくすれば
魚は残っていきますよね!?
願わくば、C&RをするならC&K(kill)に成らない様に
フィールドに長く・多く魚が居ます様に!
いつまでも釣りが楽しめます様に!

| 蜂坊主 | 2012/07/09 16:30 | URL |

こんにちは!

こんにちは、早速記事を拝見させて頂きました。
当Blogにコメントを頂き有難うございます、また配慮を頂き感謝いたします。
石狩川イトウの会のBlogもやっていますので意外と過激な意見にも慣れてしまいましたけど^^;

C&R後の魚についてですが、自分たちの仲間での会話でも良く話題になる問題ですが 何が良いという結論にはいつも至りませんが
魚が居る環境を未来に残す事を考えると、何かしら行動が必要なんだと痛感しています。
余談ですが、良く通うフィールドの中に猿払川があります、、
釣人の間では、イトウの聖地と呼ばれる場所でピーク時には
日本全国から沢山の釣人が訪れますが、5月~7月中の6回の釣行の全てにおいて、リリース事故による死骸を確認しました。
全て70~90cmの成魚です、、非常に残念な事です。
絶滅危惧種であるイトウがそんな状態ですから、北海道の他の魚はそれ以上の扱いを受けている可能性があります、、
余談でした。。

触らないリリース、水から上げないリリースの推進を自分を含めて行っていこうと思います。今回は記事を紹介頂き有難うございました。

当会(イトウの会や 社)北海道山女魚を守る会においても議題提起していこうと思います。

| レスキュ | 2012/08/04 12:37 | URL |

http://homepage2.nifty.com/JAL/cnr.html
難しいですね

| | 2015/04/10 18:43 | URL |

僕は釣りを初めて早くも半年になります。
最初はそんな大事なことを知りもしないでやってました
僕の地元は放流魚より天然魚のほうが多く昔は町の中に流れてる川でさえアキアジをよく見ました
地元の釣りガイドさんが言ってましたが僕の地元は全体的に魚影が薄くなってるそうです
それはダムの建設や舗装工事、自然災害も大きな影響があると思いますが釣りをやる人も少なからず影響を与えてると思います

もちろん僕も勉強してお魚さんを手で触るときは冷やしたりなるべく触らないようにしてランディングネットも使用するようになり、自分の釣りは完璧だと思っていましたがこの記事を見て改めて考えさせられました。
とてもいい勉強になりラバーネットが高くて購入するのも渋っていたのですが、これを機会にラバーネットを購入したいと思いました
一人一人の意思で自然はより豊かになりより綺麗になると思っています

いかに自分が自己掲示欲が高いのか思いさらされました
エゴイストの塊だったのはとても反省しています
写真を撮ったり、測量したりするのは今後なるべく控えようかと思います
長文になりすみません

| 北海道アングラー | 2015/12/16 20:20 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/09/10 08:37 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flyfisher8bei.blog119.fc2.com/tb.php/272-9dee0011

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。